交流会でのマナー

【名刺交換での失敗】


せっかく交流会に来たのに、相手に悪い印象を与える必要はありません。
最近は、良い印象を与えることはもちろんですが、悪い印象をはじめから与えてしまっている方が多いです。

名刺交換の仕方ひとつで、お仕事がなくなることは多いです。
第一印象で、その後の話は右から左に流れており、聞いてもらえません。

    ■気を付けるべきこと

  • 相手の名刺の高さより、上から名刺を出さない
  • 目上の方に先に受け取ってもらう(両手での提出、受け取りが可能になる)
  • 名刺をみて、相手の顔・目をみながら挨拶して受け取ります
  • 笑顔

これらを忘れずにしましょう。こんなもの必要ないかと思いますが、
中には、逆に「この人は、たったこれだけのこともできないんだ」というレッテルを張られてしまいます。
つまらないところでビジネスチャンスを逃さぬようにしましょう!

【名刺のデザイン】


名刺のデザインは、こだわりたいですよね!
特に、デザイナーやクリエイターに限っては、カッコイー名刺が宣伝になります!
印象に残る名刺が良いのですが、それを含め効果のある、考えているかなというところも見られます!

それと同時に連絡をもらえるかが、重要になります。
気を引いて興味を持ってもらったけど、連絡先が分かりにくく連絡をあきらめる方もいます。

    ■最低限の名刺の作り方

  • 名前
  • 会社名(個人事業主は屋号など)
  • 連絡先電話番号
  • メールアドレス
  • LINE IDやfacebook
  • 事業内容やキャッチコピー
  • 写真やイラスト

名前は、できれば漢字やひらがな、カタカナがおすすめです。
かっこよくするために、ローマ字にすることはありますが、相手からしたらわかりにくいし、郵便物に適さないです。
お仕事するにも漢字の確認など二度手間となります。

せめて、表をデザイン重視の名刺にして、裏には、それらを記載しておくことが良いです。
連絡先としては、電話番号は必須です。住所も明確にしましょう。所在がつかめないかたとは仕事はしたくないですよね。

最近だと、メールアドレスのみだと連絡が来ず、LINEやfacebookメッセージにてお仕事が回ることも多いです。
事業内容やキャッチコピーがないと相手の印象に残りにくいです。

写真は、正面を向いて、誠実なものが良いかと思います。横顔や別のことをしている写真を入れるくらいなら、写真を入れないに限ります。
イラストも、全く関係のないものは控えましょう。

名刺も顔になりますので、よく考えデザインされることをお勧めします。
(※・・・名刺のアドバイスと作成注文も承っておりますので、ご興味ある方はお問い合わせください!)